【失敗談から学ぶ】インビザライン矯正はどこでやっても一緒!?

失敗談から学ぶ歯列矯正

突然ですがみなさんはインビザラインを使った歯列矯正をしようと考えたとき、何を決め手に歯科医院を決めますか?
口コミ?クリニックの雰囲気?症例数?ホームページ?それとも費用?

歯列矯正自体、60〜80万前後から150万を超えるものまでと金額の幅も大きいので、費用はもちろん抑えたいですが、一生モノの自分の歯を信用のできない歯医者に任せるのは不安ですよね。
とはいっても、僕自身、無料カウンセリングに4軒回り、最終的に決めたのは「費用」でした。
だって、高いですもん。笑

ただ、これが後悔のきっかけになるとはその場では知る由もありませんでした。

スポンサーリンク

原因その1:無料カウンセリング後のフローは知らなかった

ホームページをチェックして比較検討した矯正歯科の無料カウンセリングに4軒回り、4軒目で契約を結んだわけですが、当然無料カウンセリング以降の流れを体験したのは4軒目が初めて。
他の歯科医院はわかりませんが、僕が契約した矯正歯科では精密検査後の歯科医師からの説明がありませんでした!

当然あると思ってたんですよ。3DスキャンやらCTスキャンも撮ったわけですから。
アライン社から送られてくるシミュレーションではなく、日本の担当歯科医師からの説明が・・・
残念ながら抜歯や3Dシミュレーションを使った説明はありませんでした。
むしろ歯科医師と会ったのは無料カウンセリングでのみ。

不安でしかない!!!!

原因その2:フローを知らないからツッコめなかった

歯科医院によって異なるとは思いますが、僕が契約した歯科医院では歯科衛生による精密検査(CT、クリーニング、3Dスキャン)が終わるとそのまま受付に案内され、契約書へのサイン、次回の診療予約の説明が行われました。
上記のような契約後のフローを知らなかった僕は、一大決心をした気持ちの緩みからか本来であれば突っ込んで確認することを怠ってしまいました。
受付で思わず突っ込んでしまったのは「えっ!?もう次回装着!?シミュレーションとか先生の診察とかないんですか!?」ということのみ。

だって、80万を超える装置ですよ?
次回装着て!!!とそこは突っ込みました。

受付では「画像を送ることはできますが、その分開始は遅れますよ?」という返答のみ。
「開始が遅れてもいいので画像送ってください・・・」
と伝えるのが精一杯でした。

原因その3:「誰がやっても一緒」を鵜呑みした

インビザラインは日本の歯科クリニックで3Dや歯型をとり、アメリカのアライン社にそのデータを送り、最終的な形までのシミュレーションが契約した歯科医院に送られてきます。
なので、インビザラインを使った歯列矯正は誰がやっても一緒という意見もあります。

実際、僕もそう思ってました。
=誰がやっても一緒なら安いほうがいいや。と。

原因1や原因2をきっかけに不安にかられ、翌日歯科クリニックに電話をしました。
僕「親知らずの抜歯をするような話や、インプラントの話もしてたんですが、本当に大丈夫でしょうか。治療する箇所があればインビザラインを開始する前にすると聞いたんですが・・・」
受付「ちょっと待って下さいね。・・・抜歯の指示も出てないですし、インプラントの指示も出てないのでしない方向みたいです。矯正終了後に抜歯することもできますし、遅くなりますよ。」
僕「もう何十年も悩んできたので遅くなるのは構わないです。やはりシミュレーションが届き次第一度診察していただけますか?」
受付「シミュレーションを見て満足しない方はいないので大丈夫だと思いますけどね〜・・・」
僕「大丈夫かどうかはシミュレーションを見て決めたいので・・・」
受付「わかりました。遅くなりますがそうしますね。」

・・・うん、余計不安になった!!!!笑

原因その4:とにかく浮かれてた


富豪ならまだしも80万を超えるお金を払うというのは庶民には相当な覚悟です。
アドレナリンと不安と・・・もう何が出てるのかわからないぐらい色んな感情がドバドバです。
お金が一気になくなる不安や、その後の生活、仕事、矯正への不安、喜び・・・いろんなことが頭を巡ります。
とにかく浮かれてたのは間違いありません。

家に帰ってから猛省し、不安に駆られ、わかったこと。
それは歯列矯正は人が行う治療だということ。

アメリカのアライン社からシミュレーションや装置が送られてくるわけですが、
アライン社の技術者は僕らの顔や人物像、歯列に対する想いを知っているわけではありません。
それを知るのは日本で処置をしてくださる歯科医師だけです。

また、長い期間の治療になるわけなので歯科衛生士さんや受付との相性で楽しい治療期間になるかも変わってくると思います。

インビザライン矯正を費用だけで決めようと思っている方に声を大にして言いたい。

インビザライン矯正はどこでやっても一緒ではありません!!!!

もう一度言います。

インビザライン矯正はどこでやっても一緒ではないですよ!!!!

失敗談から学ぶ歯列矯正
スポンサーリンク
PROFILE
KENT

金管楽器奏者で元トランペッターのアラフォーのおじさんです。
非抜歯・左右非対称(1本欠損)
インビザライン×オルソパルス
2018年2月1日矯正スタート。第1弾は32枚、リファイメント第2弾は21枚。

ランキングにも参加中!応援よろしくお願いします:)

ブログ村
ブログランキング

KENTをフォローする
KENTをフォローする
インビザライン矯正ブログ

コメント