歯並びの悩み〜僕と管楽器と歯並びと(3)〜

人生に影響を及ぼした歯並び

正中離開(すきっ歯)・叢生・過剰歯(しかも裏側)というラッパ吹きにはどうかんがえても向かないのに全国大会常連校に進学してしまった僕。
伸び悩みましたよねーーー20年以上前ですが今思い出しても辛いです。笑

さてさて、大スランプに陥ったという話で終わった前回ですが、スランプ脱却の鍵はやはり歯並びでした。
プロの演奏家のレッスンを受けに行った際に「歯並び悪すぎるな!紹介してやるから◯◯歯科行って来い」とプロの管楽器奏者も通う歯科医院を教えてもらいました。
部活を休ませてもらい、「これでスランプから脱却できるのか・・・」とワクワクしながら向かい、レントゲンや精密検査を受けました。

なんとそこで告げられたのは「これは医療ミスだね。小さい頃に抜歯した過剰歯が途中で折れて中に残ってるよ」という絶望・・・。
幼少期に抜歯した小さい町の歯医者はヤブ医者だと有名だったんです。あのクソ歯医者!やっぱりか!!!笑

一旦、10年近く埋まっていた過剰歯を歯茎を切開して引っこ抜き様子をみることになりました。
歯並びの治療を受けたわけではないのですが、不思議とそこからある程度吹けるようになっていったんですよね。
一日の大半をトランペットのマウスピースをつけた状態で生活していたので、過剰歯の歯根を抜歯したことで歯がそのときに都合のいいように動いていったんだと思います。

ただ、やはりすきっ歯と裏側に生えてしまった永久歯がタンギングの妨げになったりと、技術には限界がありました。
トランペットは大好きでしたがプロの道、音大受験は諦めることにしました。
ただ燃え尽き症候群で大半の人が楽器を辞める中、このときの想いがあるから続けていたのかもしれません。

人生に影響を及ぼした歯並び
スポンサーリンク
PROFILE
KENT

金管楽器奏者で元トランペッターのアラフォーのおじさんです。
非抜歯・左右非対称(1本欠損)
インビザライン×オルソパルス
2018年2月1日矯正スタート。第1弾は32枚、リファイメント第2弾は21枚。

ランキングにも参加中!応援よろしくお願いします:)

ブログ村
ブログランキング

KENTをフォローする
KENTをフォローする
インビザライン矯正ブログ

コメント