インビザライン矯正・歯列矯正の無料カウンセリング体験記

インビザライン体験談

昨年「1月15日前後にシミュレーション(クリンチェック)画像が届く予定です。」と言われているので楽しみにしているんですが、まだ届きません(ノД`)(当たり前)

今日は「歯列矯正(インビザライン矯正)を考えているけど、何をしたらいいの・・・」と思いを馳せては堂々巡りしている方のために(僕もそうでした笑)、実際に無料カウンセリングについてまとめてみようと思います。僕自身、インビザラインでの矯正を含め5軒の矯正歯科、歯科クリニックを回りました。実際に直近で受けた3件のカウンセリングの流れを書いてみます。無料カウンセリングや、無料相談に踏み出せずにいる方のお役に立てると幸いです!

スポンサーリンク

A矯正歯科(2013年頃)

札幌から名古屋に引っ越してきて楽器を吹く時間も場所もなくなってしまったので、このタイミングで歯列矯正を・・・と考え受診しました。
だいぶ前のことなので記憶が曖昧なところもあるんですが、レントゲンを撮って、CTを撮って、先生と診察台に座ったままお話するスタイルでした。
インビザラインを使った矯正も考えていましたが、とにかく高い!というイメージがあったので、このときは舌側矯正(リンガル矯正、裏側矯正)の相談に行った気がします。 

結局、矯正中(4年はかかると言われた気が・・・)は楽器が吹けないという言葉で矯正には至りませんでした。
管楽器について詳しい歯科医院というわけではありませんでしたが、丁寧に話を聞いてもらえましたよ!

B矯正歯科(2017年春)

その間も街で矯正歯科を見かける度にホームページをチェックしたりはしていましたが、楽器を辞める決断ができなかったのと(ほとんど吹いてないのに。笑)、費用にびびったり、もしかすると引っ越す可能性もあるしな・・・と自分の中で色んな理由が見つかってしまい、無料カウンセリングにも行かずに、悶々としてる日々が続いていました。

そんなときに e-矯正歯科.comこちらのサイトでの口コミがいい矯正歯科が車で10分ぐらいのところにあり、そのまま夜中に予約して、翌日歯科クリニックから確認の電話で予約確定、翌日にはカウンセリングとトントン拍子に進みました。

当日は歯科衛生士さんが口の中をチェック、簡単にですが歯のサイズや口腔内のサイズを測ってくれ、そのままカウンセリングルームで現状の歯並びの問題点、歯のサイズや口腔内の幅も教えてくださり、もし矯正をするのであればこういう治療をして・・・と丁寧に説明してくれました。ただ、後になってわかったのですが、 そういうのってきっとほぼマニュアル通りですよね。
その場では軽くテンションがあがっているので気付かないんですが、一生懸命に説明してくれてる最中に「(これって・・・マニュアル通りなんじゃない?誰にでも当てはまるよね、このフロー。)」という考えが脳裏をよぎってしまいました。笑

とても丁寧に説明していただいたんですが、インビザラインではなく、通常のワイヤー矯正の話が中心で、費用も高く、終わり際に「では精密検査の予約していきますか?いつがいいですか?」と急にビジネス臭が強くなってきたので「また検討してご連絡させてください」と伝え、矯正には至りませんでした。

C矯正歯科(2017年12月24日)

B矯正歯科に相談に行ってからも、YouTubeで矯正過程の動画を見る日々。
そしてワイヤー矯正や舌側矯正で治療中のYouTuberの方の「とにかく痛い」「ご飯が食べれなくて痩せました」という動画を見てどんどん怖気づきながらも、やっぱりやりたい・・・でも怖い・・・の繰り返し。笑 

「動画見てても何も変わらん!歯列矯正は勢いが大事だ!やっぱりインビザラインで矯正がしたい!」
と思ったものの、コンビニよりも歯医者さんが多い今、どこで歯列矯正をするかを選ぶのは苦難の技ですよね( ´△`) 
これまでの無料カウンセリングの経験を踏まえ、次のような自分ルールを決めて矯正歯科を探すことにしました。

僕が決めた矯正歯科選びルール

  • 矯正歯科だけではなく、予防歯科、一般歯科、インプラント診療も行っていること
  • ドクターがダイヤモンドプロバイダー以上であること(インビザライン症例数が151以上あるドクターに与えられる称号)
  • ホームページに「症例」「費用」が掲載されていること
  • 費用がプランorパックであること
  • 無料相談を行っていること
  • 引っ越した場合も考えて都心部にある歯科医院であること
  • e-矯正歯科.comに掲載されていること 

結局、以前からブックマークしていたクリニックが全てに該当したので、気持ちが揺らぐ前にすぐ予約!
クリスマスイブに予約をし、クリスマスに診察という、歯医者さんや歯科衛生士さんには「こんな日に予約するなよ・・・」と思われても仕方ない日にカウンセリングに行ってきました。

当日は、あらゆる方向からのレントゲン(何枚も撮ってくれるところは少ない?)、先生の診察、費用・期間の説明を受け、診察台に座ったまま「やります。」と返答させてもらいました。間を置くと揺らぐのがわかっていたし。

上記の条件に加え、

  • 精密検査費用も以前の矯正歯科の半分以下だった、
  • 年内に決断(契約)すると割引もあった、
  • 興味はあったけどあまりやっているところがない治療をやっていた

というのが決断の理由です。

「やります。」から「では今日もう精密検査しちゃいますか?」「はい。お願いします。」というわけで、そのまま歯科衛生士さんによる歯石取り、クリーニング、CT、3Dスキャンをして契約、となりました。

最後の3Dスキャンがとにかく痛かった!!

シリコンを流し込んで放置プレイをされるのではなく、iTeroという機械を使って口腔内を撮影してその場で3D画像を確認するんですが、痛くない、苦しくない、楽だったと書いているサイトが多かったので甘く見ていたら、このiTero、まーーー痛い!!!!

インビザライン3Dスキャナー「iTero」

もちろん歯科助手さんのテクニックもあると思うんですが、僕の場合口の中が狭いのもあるのか奥歯の裏側のスキャンに何度も失敗して、唇というよりも口の奥の肉が突き抜けそうな痛みでした。

なんとかiTeroも終わり、3Dスキャンのデータを元に先生とその後の流れについて話をするのかと思っていたら、受付で契約書と費用の説明を受けて終わりでした。

矯正歯科の無料カウンセリングに踏み出せずにいる方へ

無料カウンセリングから契約までを経験して言えることは、歯医者さんだってビジネス
歯列矯正をやりたい!という姿勢があり、且つお金持ってます風にしてると、熱心にセールストークをしてくれますが(笑)、しっかりと断れば案外あっさりしたものです。 

矯正歯科選びには僕が利用したe-矯正歯科.comなど一覧で比較できるサイトが便利です。
悶々とホームページを眺めているよりも、まずは無料カウンセリングの予約をしてみることから始めるのをオススメします!

みなさんのはじめの一歩応援しています!

インビザライン体験談
スポンサーリンク
PROFILE
KENT

金管楽器奏者で元トランペッターのアラフォーのおじさんです。
非抜歯・左右非対称(1本欠損)
インビザライン×オルソパルス
2018年2月1日矯正スタート。第1弾は32枚、リファイメント第2弾は21枚。

ランキングにも参加中!応援よろしくお願いします:)

ブログ村
ブログランキング

KENTをフォローする
KENTをフォローする
インビザライン矯正ブログ

コメント