歯並びを悪くする”寝相”!?寝相が歯並びを悪くさせているかも!?

今週は仕事が忙しく、座りっぱなしの時間が長かったせいか、持病の椎間板ヘルニアの調子が悪くなり、かかりつけの整体院に行ってきました(おじいちゃん( ´△`))

先生が電話中で治療台で待っていたんですが、そのときにふと気付いたことが。

うつ伏せで寝るときに手を枕にしてる

歯並びを悪くする”寝相”!?寝相が歯並びを悪くさせているかも!?

基本的に寝るときは横向きか、うつ伏せで寝ることが多いです。
さらにいつからの癖なのかはわかりませんが、寝るときに手を顎の下というか顔の下に置いて手を枕のようにしてることに気付きました。

長時間うつ伏せで寝て起きてみると、噛み合わせがおかしいような・・・気がする。

僕自身意外だったんですが、実はうつぶせ寝は呼吸が楽になったり、血行不良を改善したりするなどさまざまなメリットがある寝相だそう。

でも、今日気付いた感じだと確実に歯並びには悪いはず!!!

歯並びを悪くするうつぶせ寝

調べてみたらやっぱりありました。

ヒトの骨格は本来、仰向けで寝るように進化・成長しています。赤ちゃんのころからうつ伏せで寝る習慣を続けてると、歯列や顎顔面の骨のゆがみ以外にも、全身の骨格がうつ伏せ寝に合わせた形に歪みます。うつ伏せ寝は首を横に曲げないと息ができないため、背骨がねじれた形に変形しやすく、その歪みは肩や腰など、全身の骨に影響を及ぼします。顎が押されるため顎関節に負担をかけ、顎関節症状の誘因になります。また首を曲げたり胸を圧迫するため吸気抵抗が増し口呼吸になりやすく、口呼吸は扁桃肥大や免疫機能の低下を起こし、歯列不正の原因にもなります。健康のためにも良い姿勢で寝るようにしましょう。

姿勢が歯並びに影響する事をご存知ですか?

う〜〜〜〜む・・・
若干異なる情報もありますが、まとめると不眠症にはいいかも知れないけど、歯並びには悪い、ということですね。

睡眠の質をとるか、歯並びをとるか・・・

元々不眠症でヘルニア持ちでもあるし、肩こりもひどいので睡眠の質や寝具にはこだわっていました。

低反発マットレスの上に高反発マットレスを敷くと腰痛にいいという噂を聞き、今もトゥルースリーパーの上に高反発マットレスを敷いて寝ています。
枕も、スリーパードクターズピローという専門家が薦める枕第1位!!というそこそこのお値段がするものを使っています。

実際に低反発だけのときよりも腰痛に悩ませられる頻度も減ったし、肩こりも以前ほどひどくはなくなりました。

ただ、睡眠の質にはこだわってたけど、歯並びのことまでは考えてなかったなぁ・・・汗

他にも歯並びに悪い癖満載だったよ\(^o^)/

歯並びを悪くする”寝相”!?寝相が歯並びを悪くさせているかも!?

今回調べてみると「舌癖」など歯並びに悪いと言われていることも満載なことに気付きました。

歯並びが悪くなったり、矯正が遅れたり、後戻りの原因のひとつに寝相もあるかもしれませんね! 

ランキングにも参加中!

ランキングにも参加中!

いつも応援ありがとうございます(‘v`)
みなさんの矯正が順調に進みますように♫

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ